採用情報

業務内容・研修

  • 施設警備のお仕事

    施設警備のお仕事

    ひとくちに施設警備といっても、建物や施設の保安警備から、人・車輌の出入管理、搬出入口での受付業務など、その仕事内容は多岐に渡ります。また、警備対象施設によって業務の実施形態が様々に変化するため、万が一のトラブルの発生時に速やかに対応できるように心がけます。

    お客様(依頼企業様)が安心して業務を行えるよう、常日頃から盗難や事故等を警戒、防止に努めることが求められます。

  • 人を育てる研修

    人を育てる研修

    警備とは、人が財産であるのと同時に、お客さまのために適切な内容のサービスを提供できるかにかかっております。特に、施設警備・常駐警備は、日頃から不法行為や災害を防ぐことはもちろん、不測の事態が発生した場合には、即座に、かつ冷静沈着に対応する事が求められます。

    新人の方には、研修を通じ警備員としての基礎をしっかりと身につけて頂きます。また、自己の能力をどう磨いていこうとするのかを考える、積極的でやる気の旺盛な方のレベルアップを図るべく、現場での活動を念頭に置いた教育に取り組んでおります。

研修の流れ

  • 新任研修(30時間)

    関係法令や警備実務の講習及び実習で警備の基本を学びます。

  • 現場研修

    実際に勤務する場所で先輩について実地研修を行います。

  • 警備員デビュー

    研修期間を終えると実務で経験を積んでいきます。

  • 現任研修(半年ごとに8時間)

    警備員としてさらなるレベルアップを図ります。

  • シニア警備員を応援しています

    シニア警備員を応援しています

    警備員は、お客様の安全で快適な環境を守る、非常に重要なお仕事です。

    そのため仕事には責任感が求められますが、日々大きな誇りとやりがいを感じながら、活躍することができます。

    当社では、シニア層の警備員も多く活躍しており、若い人にはない気配りで警備担当施設をご利用されるお客様などから好評を得ております。